田中圭大紅大紫的原因竟是因為“渣”?

滬江日語2019-03-23 22:11:34

女性から熱い視線を注がれる俳優・田中圭。スマホで「田中」と検索すると、「圭」が上位表示されるほど、田中界隈を激変させた男である。

現今,演員田中圭正備受女性的熱切關注。在手機上搜索“田中”,相關檢索聯想便會出現“圭”這個字,可見其人氣之高甚至使得田中的相關搜索發生了巨大的變化。



昨年4月から放送した連ドラ「おっさんずラブ」(テレ朝系)で一躍時の人となった。ベビーフェイスの細マッチョは、女性誌から週刊誌まで表紙に引っ張りだこ。田中圭が表紙になると、専門雑誌でさえも発売直後に売り切れるという経済効果をもたらしているらしい。2018年の漢字は「圭」でよかったのでは?と思うほどのブレイクっぷりだ。

田中圭憑藉於去年春季檔《大叔的愛》(朝日電視台)而爆紅。其穿衣顯瘦脱衣有肉的童顏,備受從女性向雜誌到週刊雜誌封面的青睞。據説只要封面人物是田中圭,即使是專業性雜誌,也能有在發售後便被一搶而空的經濟效益。他受歡迎的程度甚至到了人們覺得2018年度漢字定為“圭”不就好了的地步。


ここ數年、ドラマを発端にブレイクする俳優は、皆下積みもキャリアも長い。「晝顔」の斎藤工、「民王」の高橋一生、「半分、青い。」の中村倫也、そして田中圭。ポッと出の天狗イケメンや棒演技イケメンでは、女性たちの熱狂も続かない。人知れず脇役を數多くこなしてきた俳優が評価される、いい時代だ。その中でも、今、なぜ田中圭なのか、考えてみた。

近幾年,因電視劇大火而人氣上升的演員們——像《晝顏》的齋藤工,《民王》的高橋一生,《一半,藍色》的中村倫也,他們都是藝齡長且一直不愠不火。田中圭也是如此。其實女性對來自地方且一出名就擺譜或是演技尷尬的帥哥們,也就是三分鐘熱度。而如今這個時代,靠許多不為人知配角積累起來的演員逐漸受到讚賞,真的很好。在這樣的情況下,也對為何是田中圭大火進行了思考。


困らせたい男ナンバーワン

最想讓其為難的男人


12月15~16日にはAbemaTVで「田中圭24時間TV」に出演。24時間かけて主演ドラマを1本製作するという暴挙である。1時間で1シーンずつ撮影し、同時に編集も行い、16日20時には1本の作品として放映する目論見。肝心の中身は「田中圭の脣に1億円の懸賞金がかけられ、女性たちに脣を狙われてさあ大変」という微妙なドタバタ劇。

田中圭於12月15日至16日,出演了Abema TV的節目《田中圭24小時TV》。節目預想用一天時間來製作一部由田中圭主演的電視劇,實在是簡單粗暴。節目計劃每隔一小時便拍攝一個場景,與此同時進行剪輯,到16日的20點完成並上映。然而重要的劇情,竟然是“田中圭的脣被懸賞一億日元,此脣被女性們窺伺着,真是不得了啦”這樣微妙的鬧劇。



筋トレさせられるわ、裸でシャワーを浴びさせられるわ、一睡もせず何も食べずの24時間に。編集が間に合わないトラブルもあったが、放送時間を延長して無事に完成。ネット界隈では、くたびれはてた田中圭を応援する聲が轟いていた。ところどころで田中圭の様子がネットニュースにあがるほど、注目された番組でもあった。同じ時間帯に放送した大河ドラマ最終回や日曜劇場よりも、異様な熱を帯びていたのは確かだ。

在這不吃不睡的24小時內,田中圭時而被要求健身鍛鍊,時而被要求裸着淋浴。雖然產生了因剪輯沒趕上而放送延遲的小插曲,但延長了播放時間後還是順利完成了。而在網上,對累趴下的田中圭的聲援聲從未間斷,甚至成為了網絡新聞,節目也因此受到關注。比起同時間段播放的大河劇最終話以及日曜劇場,人們對此節目的確有着異樣的熱情。



この番組の最大の見どころは、田中圭を困らせるところである。それくらい田中圭は「困惑」の演技が絶品だ。笑うとか泣くとか怒るとか感情直結の演技ではなく、「戸惑う」という絶妙な技術を持っている。

這個節目最大的看點,便是讓田中圭感到為難。田中圭演繹“困惑”的演技真是絕品。並非是表現出喜怒哀樂這樣直接感情的演技,而是能夠絕妙地表現出“困惑”。


嬉しくて困る、唐突で困る、意味不明で困る、困るにもいろいろあるのだが、田中圭は「理解できない」と脳みそがまず拒否反応を起こし、全身にその指令が下るまでの「困る」を細かく體現する。顔が上気し、目が泳ぎ、挙動不審になり、必死に現狀を打破しようと目論むも、逆に言動が幼児化するという職人技。常に困らせておきたいと思わせる中毒性もある。

人會因開心而困惑,因唐突而困惑,因不理解而困惑。雖説困惑的種類千千萬萬,但田中圭卻能細緻地展現出因“無法理解”而導致大腦直接對眼前狀況表示拒絕,在給身體下達指令前“為難”的小動作。他的臉會開始變得通紅,眼神渙散,行動變得奇怪,竭盡全力企圖打破現狀。這一行為可以説是將他的言行幼兒化的高超技巧,會讓人想要不斷去為難他。



通常、ブレイク俳優に求められるのは「かっこよさ」や「男の色気」である。ところが、田中圭の場合は異なる。どうにもこうにも困りはてる田中圭を見たい。困惑というニーズがブームの根本にあるような気がする。

一般情況下,男演員爆紅的原因是“帥氣”或“男人的性感”,可到了田中圭就有些不同了。人們想看到任何時候都在困惑為難的田中圭。可以認為他人氣上升的根本原因在於人們對困惑這一表現的需求。


「ちょっぴりクズ」が求められた時代

追求“小渣男”的時代


ここ數年の田中圭の仕事っぷりを振り返ってみよう。「煮え切らない元カレ」「罪悪感なき不倫男」「無邪気なハンサムバカ」など、いずれも「ちょっぴりクズ」感が漂う役が多いと気づく。

讓我們來回顧一下近幾年田中圭其所飾演的角色。“優柔寡斷的前男友”“毫無罪惡感的外遇男”“天真無邪的帥氣笨蛋”等,可以發現其出演的任何角色,都有些“小渣男”感。


[en]「十月十日の進化論」(2015年・WOWOW)では酔った勢いでヒロインと関係をもち、妊娠させてしまう後輩役を、「東京タラレバ娘」(2017年・日テレ系)では妻が妊娠中に不倫する男の役、「感情8號線」(2017年・フジテレビ系)では妻の女心と同僚女性の戀心に無頓着な男の役、「伊藤くんA to E」(2017年・TBS系)では腳本家のヒロインを都合よく使うプロデューサー役であり、劇中で架空の痛いクズ男の役も擔當。

在《十月十日進化論》(2015年.WOWOW)中,田中圭飾演了在酒精作用下與女主角發生關係,並使其懷孕的後輩角色;在《東京白日夢女》(2017年.富士電視台)中,他飾演在妻子懷孕期間出軌的外遇男;在《感情8號線》(2017年.富士電視台)中,飾演了在妻子與女性同事中搖擺不定的男性一角;而在《伊藤君A to E》(2017年.TBS)中,飾演了把編劇女主角召之即來揮之則去的製作人一角,還在戲中戲裏飾演了令人無語的渣男角色。



2018年夏放送した「ダブル・ファンタジー」(WOWOW)では、主人公との不倫性愛にどっぷりハマり、幼稚化して崩壊する妻子持ちの男の役だった。

2018年夏天播出的《雙重幻想》(WOWOW)中,又飾演了與主角沉溺於外遇性愛,逐漸變得幼稚從而崩壞的已婚男一角。


そして10月期に放送した「獣になれない私たち」(日テレ系)では引きこもりの元カノを家から追い出せず、積極的な肉食女性からの誘惑にもまんまと負けてしまう、NOと言えない典型的な優男の役だ。

接下來,在10月播出的《無法成為野獸的我們》(日本電視台)中,飾演了無法將窩在自己家中的前女友趕出門,無法拒絕主動積極的肉食女子而敗下陣來,無法説“NO”的典型優柔寡斷男。



こうして文字にしてみると、いずれもなかなかのクズだ。ただし、暴力や借金、犯罪に手を染めるような正真正銘のクズ、ではない。女性への配慮が淺い、または脇が甘い。そんな、男として少々ゆるい「ちょっぴりクズ」を田中圭は數多く體現してきた。

這麼一一列舉下來,會發現這些角色雖然都有些渣,卻也並非使用暴力,或是到處借錢甚至犯罪的渣。田中圭飾演了許多不太會為女性深入考慮,用心不夠。作為男人不夠可靠的“小渣男”角色。


時折、血迷ってエリートイケメンやヒロインが憧れる男性役を演じることもあったが、シュッとしていてもパッとしなかった。「5→9~私に戀したお坊さん~」(2015年・フジ系)、「戀がヘタでも生きてます」(2017年・日テレ系)がいい例だ。

有時他也會腦子一抽,飾演一些精英帥哥,或是女主角所憧憬的男性角色,雖然外表是符合的,但給人感覺總是微妙。比如《朝五晚九》(2015年.富士電視台)和《愛情敗犬向前衝》(2017年.日本電視台)中的角色。



サンドバッグか他山の石か

是沙袋亦或是他山之石?


「ちょっぴりクズ」というのは、言い換えれば「日本全國どこにでもいる男」でもある。周囲からは「素敵な男性」「優しい戀人」「いい夫」と思われていても、女からは「こういうところがイラっとする」と思われている部分が必ずある。悪気なく、無意識に女の地雷を踏んだりもする。

“小渣男”,換言之即“日本隨處可見的男人”。即便被周圍的人認為是“好男人”“温柔的戀人”“好丈夫”,但必然會有着讓女性覺得“他的這部分讓人煩躁”的一面,這類男人會沒有惡意地、在無意識下踩中女人的地雷。


それを集約あるいは濃縮還元して演じる田中圭は、女性たちの「代理サンドバッグ」になっているのではないか。「そこな!男のダメなところは」となじりながら、日々の憂さを晴らす格好のサンドバッグである。


將這些特質集合到一起,或者説是濃縮還原後表演出來的田中圭,便成為了女性們的“代理沙袋”。女性會一邊譴責“就是這裏!這男人廢就廢在這!”,一邊清理光日日積累的憂鬱,田中圭可以説是完美的沙袋。


この世に完璧な男性などいないのだと痛感し、過剰な期待もしなくなる。女性たちはなんだか憎めない田中圭を見ていると、自分が寛大な大人の女になった気がするのだ(錯覚だけど)。

痛感這世界上根本不存在完美的男人,並丟掉過剩的期待。女性看着終究無法憎恨的田中圭,自覺儼然已成為了心胸寬大的成熟女性(雖然只是錯覺)。


一方、男性はどう見ているのか。努力と鍛錬をしないと保てないレベルの大胸筋や上腕二頭筋に、敬意を抱くかもしれない。バラエティ番組やトーク番組で見せる無邪気さと底抜けの明るさに、親近感や優越感を覚えるかもしれない。ドラマの中で田中圭が演じる男の言動に、女性たちがいちいち熱く反応するのを見て、「え、今の何がダメなの?」と疑問に思うかもしれない。そして、どこに落ち度があるのか、自分も同じような発言をしていないか、地雷を踏んでいないか、と戦々恐々とする。自分では気づいていない「男の狡さ・幼さ・無神経」を、田中圭が身をもって教えてくれるのだ。男性にとっては、まさに他山の石。それが田中圭である。

另一方面,男性又是如何看待田中圭的呢?男人説不定對他必須不斷努力鍛鍊才能保持的胸肌與肱二頭肌抱有敬意,他在綜藝與談話節目中表現出的天真與老好人般的樂觀,或許也會讓男人們感受到些許的親近感或優越感。同時對於他在電視劇中飾演的角色的行為舉止,看着女人們對其一一吐槽,男人或許會有“誒?剛剛這部分哪裏不好了?”的疑惑,之後便會戰戰兢兢地回想自己是否做錯過事,自己是否説過同樣的話,是否踩過女人的地雷。田中圭以自己為例,給男人們指出了他們從未注意到的“男人的狡猾,幼稚以及神經大條”的部分。對於男人們來説,他乃是他山之石。而這便是田中圭。



-感謝閲讀-

長按二維碼關注

  往期回顧  

雞肋的戴森吹風機真的好用嗎?日本人這樣説 / 反差太萌:聲優“兼任”演員,有着日本著名蛇精病稱號的他是誰? / 這位日本最當紅新生代演員有着別樣的“魔力”! / 還想看TA穿制服!日本男女演員排行TOP10 /   日本明星送祝福、東京塔點亮“中國紅”,這個春節中日大聯歡! / 中國藝人撞臉石原里美竟上了韓網熱搜?中日撞臉明星集合第2彈來了!原來在給新生兒取名這件事上,中日人民都愛“跟風”? / 

滬江日語

輕戳好看 

讓更多人看你所看 

https://hk.wxwenku.com/d/110028186