日本人不再愛看純愛劇?近三十年最好看的10部日劇是……

滬江日語2019-03-23 21:59:28

「昭和では娯楽の王様だったテレビが、2000年頃からインターネットや録畫機器の発達で、視聴率の上がりにくい時代になった」と言うのは、テレビ解説者でコラムニストの木村隆志さん。その位置づけが大きく変容したテレビだが、平成の時代ではどんな番組が人気だったのだろうか。平成の「ドラマ高視聴率ランキング」を紐解いてみたら、意外な結果となった──。

電視解説員兼專欄作家木村隆志説:“自2000年左右起,昭和時代曾為娛樂之王的電視因網絡和錄像設備的進步而進入了收視率上升困難的時代。”定位發生巨大改變的電視,究竟是怎樣的電視節目在平成時代受到歡迎呢?翻查平成“高收視率電視劇排行榜”後,發現意外的結果……



第9位 『ロングバケーション』最終回(フジテレビ) 36.7%

第9位 《悠長假期》最終回(富士電視台) 36.7%



第9位 『101回目のプロポーズ』最終回(フジテレビ) 36.7%

第9位(並列)《101次求婚》最終回(富士電視台) 36.7%



第7位『HERO』8話(フジテレビ)、『HERO』最終回(フジテレビ)36.8%

第7位 《HERO》第8集(富士電視台)、《HERO》最終回(富士電視台) 36.8%



第6位 『家なき子』最終回(日本テレビ) 36.8%

第6位 《無家可歸的小孩》最終回(日本電視台) 36.8%



第5位『GOOD LUCK!!』最終回(TBS)37.6%

第5位《GOOD LUCK!!》最終回(TBS)37.6%



第4位『ひとつ屋根の下』11話(フジテレビ)37.8%

第4位《同一屋檐下》第11集(富士電視台)37.8%



第3位『家政婦のミタ』最終回(日本テレビ)40.0%

第3位《家政婦三田》最終回(日本電視台)40.0%



第2位『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』最終回(TBS)  41.3%

第2位《美麗人生》最終回(TBS)41.3%



第1位『半沢直樹』最終回(TBS)42.2%

第1位《半澤直樹》最終回(TBS)42.2%


1995年にWindows95が登場し、一般家庭にインターネットが普及。それを機にテレビドラマの視聴率が低迷したが、ネットが追い風になったドラマもある。

1995年Windows95面世,網絡普及到一般家庭中。以此為契機,電視劇收視率一度低迷,但也有搭上網絡順風車的電視劇。


「1位の“半沢”と3位の“ミタ”は理想的なパターンでした。ネットの口コミで評判を呼び、視聴率が徐々に上昇。満を持して最終回を迎え、高視聴率を叩き出す。」(木村さん)。

“第一的半澤直樹和第三的家政婦三田正是這樣的理想模式。網絡好評不斷,進而使收視率逐步上升。以最好狀態迎來最終回,衝擊出了高收視率。”(木村)


「それまでのドラマは、戀愛が主要テーマだった。しかし、“半沢”は銀行など、日常生活になじみが薄い業界のシリアスな物語でもヒットすることを証明した。加えて、ストーリーの面白さ、演出、俳優の演技力など本質も問われている」(マーケティングコンサルタント・西川りゅうじんさん)

“迄今為止的電視劇主要以戀愛為主題。但半澤直樹證明了銀行等與日常生活相關性不大的行業的嚴肅故事也可以受到歡迎。當然也涉及到故事的趣味性、演出、演員的演技等本質問題。”(市場顧問·西川りゅうじん)


-感謝閲讀-

長按二維碼關注

  往期回顧  

雞肋的戴森吹風機真的好用嗎?日本人這樣説 / 反差太萌:聲優“兼任”演員,有着日本著名蛇精病稱號的他是誰? / 這位日本最當紅新生代演員有着別樣的“魔力”! / 還想看TA穿制服!日本男女演員排行TOP10 /   日本明星送祝福、東京塔點亮“中國紅”,這個春節中日大聯歡! / 中國藝人撞臉石原里美竟上了韓網熱搜?中日撞臉明星集合第2彈來了!原來在給新生兒取名這件事上,中日人民都愛“跟風”? / 

滬江日語

輕戳好看 

讓更多人看你所看 

https://hk.wxwenku.com/d/110028176